ニキビに効く薬について

ニキビに効く薬は、市販でもたくさん売られています。
人気のニキビに効く薬の一つに、「クレアラシル」があります。
「クレアラシル」は、有名な薬となっているので、どこのドラッグストアでも置いてあるものです。
30gで1,470円となっています。
「クレアラシル」は、イオウとレゾルシンという有効成分が、アクネ菌を殺菌してくれるのです。
赤ニキビや、それに伴う赤みを抑制してくれます。
ニキビにつけても、刺激は何もありません。
ただイオウの香りがします。
しかし臭いはそこまできつくはありません。
そのほかに人気の効く薬には、「ペアアクネクリーム」があります。
「ペアアクネクリーム」は、14gで883円となっています。
軽度のニキビであれば、一日で治る場合もよくあるようです。
イブプロフェンピコノールという成分がニキビに効くのです。
肌触りであったり、においなどはニベアにそっくりなので、使いやすくなっています。
肌につけても刺激はないので、安心してつけることができます。
一日二回、洗顔のあとにつけるのがいいと言われています。
そのほかに人気の薬には、「テラコートリル」があります。
「テラコートリル」は、1,000円ほどで販売されています。
この薬の即効性はトップクラスだといわれています。
使い方は、就寝前にニキビに塗り、絆創膏でカバーをするのです。
そして、翌朝はがせば、だいぶよくなっているか消えているという場合が多くあります。
「テラコートリル」は、べたつきもありませんし、無臭なのでつけていても気になりません。
さらに、「テラコートリル」は、敏感肌の方でも安心してつけることができる薬です。
ニキビに効く市販の薬はいろいろあるので、自分に合うものを選ぶことができます。