スキンケアでニキビ治療

ニキビの原因は、アクネ菌という常在菌が関係しており、アクネ菌が増殖することによってどんどん症状が進行していきます。
ニキビができた場合、できるだけ早く適切なニキビ治療を行うことによって痕が残ることなく治すことができます。
また毎日のメイクで使用するファンデーションは、油分を多く含みますので毛穴がふさがってしまい、アクネ菌が増殖しやすい環境になってしまいます。
そのため、丁寧に洗顔してファンデーションを洗い落とすようにすることが大切で、不規則な食事や睡眠不足、ストレスなどもニキビを進行させる原因になりますので、規則正しい生活やストレスを発散してため込まないようにすることでニキビを予防することができます。
ニキビは、皮膚科で治療を行うほかに、ドラッグストアで販売されている薬や化粧品などを使用したスキンケアで治療をすることができます。
最近のスキンケア化粧品には、ニキビを治すことを目的にされたものと、ニキビを予防することを目的としたものが販売されており、自分の皮膚の状態にあったスキンケア化粧品を選ぶことにより改善することができるのですが、使い方を間違えてしまうと悪化させる可能性がありますので、スキンケア化粧品を使用するときは注意が必要となります。
皮膚科では抗生剤やホルモン剤、ビタミン剤、抗炎症クリームの塗り薬が処方され、軽症のニキビの場合は早く治すことができるのですが、遺伝的で重症な場合は出たり引いたりを繰り返しますので、2年から3年くらい治療期間がかかることもあります。
最近ではケミカルピーリングやレーザーなど、美容的な治療でニキビ治療を行うことができるのですが、美容目的のため保険が適用されません。